電験三種過去問解説 H24年度理論問16

投稿者:  投稿日: 2018年5月25日

平衡三相回路において、線電流と相電流を求める問題です。
これだけ聞くとかなり簡単そうに思えますが、この問題の場合は「位相差」も考える必要があります。
Y結線の線間電圧と相電圧の「大きさ」の関係、と言われればすぐに答えられる人は多いと思いますが、「位相差」の関係と言われると躓く人が多いのではないでしょうか。

今回の解説では、ベクトル図を使って位相差の関係も分かりやすく説明しています。
また、あまり行うことがない極座標形式での計算も行いますので、「ほとんど極座標形式を使ったことがない!」という方は是非ご覧頂ければと思います。

 

 

電験三種対策講習会

http://japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 


電験三種、電気工事士一種二種、エネルギー管理士の資格スピード合格したい方は…

日本エネルギー管理センター

140-0005 東京都品川区広町1-3-21

24時間365日お問い合わせOK!
ご相談・お問い合わせはコチラ