電験三種過去問解説 H21年度理論問7

投稿者:  投稿日: 2018年5月10日

単相三線式の回路において、線電流の大きさの関係を求める問題です。

各負荷の電流の最大値は等しいですが、力率が異なるため、電流を複素数の形式にして計算を行う必要があります。 難しく感じるかもしれませんが、複素数にさえしてしまえば、複雑な計算は必要ありません。

ポイントとして、負荷が遅れ力率か進み力率かで虚数部の符号が変わりますので十分に注意してください。

 

 

電験三種対策講習会

http://japan-ems.jp/curriculum/denken3.html

講習のサンプル動画がyoutubeで見れます

https://www.youtube.com/channel/UCMzcJDNESFPvUrfA0ndU0LQ/videos

 


電験三種、電気工事士一種二種、エネルギー管理士の資格スピード合格したい方は…

日本エネルギー管理センター

140-0005 東京都品川区広町1-3-21

24時間365日お問い合わせOK!
ご相談・お問い合わせはコチラ